ローリスクな資産運用のために|忙しい医師は専門家を頼ることが得策

自分か他者による作業です

治療台

人とモノの必要性を見ます

歯科医院で行う内覧会は、地域の人にも存在を認識してもらい、医院の治療設備などを提示しながらコンセプトも理解してもらう機会です。実際に内覧会を歯科医院自身で行おうとすると、作業に手間が掛かり、人員の確保も行う必要があります。歯科医院の内覧会については、専門業者が実施するケースもありますので、いずれを選択するかにより作業にも違いが出ます。まず、内覧会を実施する日にちを決めたら、そこから2、3ヵ月前には計画を進めていく必要があります。計画は、内覧会を実施する作業に必要となる人員を募集・面接sし、採用・レクチャーを行うなども含みます。更に、人ではなく、モノが必要になる場面は、チラシの配布を含め、歯科医院での設備や治療機器なども揃えておく必要があります。院内に貼り出す印刷物、あるいは写真や図解による説明などが必要な場合には、パソコンでの準備などもしておく様にします。勿論印刷業者を利用して、チラシなどを必要枚数発注しておく事もできます。こども向けの装飾などが必要であれば、院内のデコレーションも行っておきます。内覧会当日に、来院の人に渡す記念品などがあれば、多少多めに発注しておき、余れば治療開始時に配布するなども行えます。歯科医院の内覧会は、自医院で企画して実施する場合と、専門業者に大部分を委託する方法があります。専門業者に委託する場合には、請け負う作業の内容によって、オプションで金額が変動するなどの形が多くなります。専門業者を利用した場合は、どこまでの専門性が発揮されるか、必要性の高低を考慮しながら依頼するなどが必要です。